So-net無料ブログ作成
検索選択

タモリに断られる「調整つかない」紅白歌合戦の総合司会 [エンタメ系ニュース]

スポンサーリンク




例年ならば、10月初旬には発表されるNHK紅白歌合戦の総合司会、紅白司会者が今年(2015年)は遅れていることで、テレビ関係者や芸能記者から「何かあったのか?」と見られていたが、けさ19日付(2015年10月)「日刊スポーツ」はアテにしていたタモリに出演を断られ、最終決定に手間取っていると伝えた。
「ブラタモリ」のレギュラー化や「NHKスペシャル」の進行役など、今年に入ってタモリのNHK出演は増えていて、紅白総合司会はタモリで決まりという見方が強かった。32年ぶりという話題性もあった。



NHK関係者「白紙に・・・」

タモリさんはNHKで単発で放映していた「ブラタモリ」がレギュラー化しNHKには貢献度が高かったため早い時期からオファーされていたが、辞退の意思は強かったようです。

NHK関係者はこの状況を受け「大舞台の司会を任せられる安定感と話題性がピカイチで、32年ぶり2度目の総合司会を期待していたが、先方の事情で断念せざるを得なくなった。(司会の選考は)白紙に戻さなければならない」と明かしました。



ネットではこんな反応です。

・タモさん司会断ったんだ。期待してたんだけどな。でも、1年の疲れを癒しに息子が帰ってくるわけだし。その準備の方が大事よね。て勝手にあれこれ ・当たり前だろ、それじゃMステスーパーライブじゃねぇか ・もうやりたい仕事しかやらないでしょうね。昔からそうかな?そういう姿勢って好き。 ・タモさん紅白辞退ですか~。でも確かにタモさんは、同じ歌番組でも、がんじがらめの紅白司会ってよりは、やっぱりフリーダムな感じがするミュージックステーションなのかも。 ・少なくとも今年は嵐ではないと・・イノッチも違うのか ・もういつもの様に何も考えず嵐でいいんじゃない?どうせ何も期待してないし ・タモリが司会だから、人脈使えるってのはいかがなものかと。 タモさんは正月休みたいでしょ



紅白歌合戦の司会はどうやって決めるの?

視聴率は落ちてきてはいるけど、国民的行事の紅白歌合戦。総合司会はどうやって決めているのでしょうか。

局長や会長などの上層部の意向が反映されると思いがちですが、基本的には通常の番組と変わらず、チーフプロデューサーに決定権があるようです。
上層部が番組制作に口出しをすることは倫理上認められていないし、もし口出しがバレたら進退問題にも発展する可能性があるんですね。

毎年、夏頃にチーフプロデューサーが決まりますが、強い権限があるため、レコード会社や所属事務所、アーティストタレントから相当激しい売り込みがあるようです。

NHK側も決まるまでは神経を尖らせて外部には漏れない体制を作っています。

タモリさん1983年に総合司会をやっていた

タモリさんの紅白総合司会を一度みてみたいと思っていたら、1983年には総合司会をやっていたんですね。
タモリ.jpeg
笑っていいともが始まった翌年に視聴率70%割れのテコ入れとしてタモリさんが抜擢されたそう。
笑っていいともが終了した翌年の今年再登板だったら話題性アップでしたね。




スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。